施工方式に軍配が上がりそう

マンションを購入する人は十年後

間取りの二つの方向へと向かい始めている個室系の
工務店などに依頼すると

カトリックが国教になったために、豪華なデザインが好まれたのであるプラハは音楽の街であるだけでなく、建築の街だ。アール·ヌーボーやバロックはともに曲線的で装飾的である。一方、二〇世紀初頭のチェコ·キュビスムは、エッジの鋭い造形を特徴とした。これはイタリアの未来派やロシアの構成主義より早く、チェコから登場した前衛芸術の運動である。つまり、世界的にも最先端のデザインだった。

やっぱり安心できる家が良い

チェコ·キュビスムの建築は、ピカソのキュビスム絵画のように、カクカクとした幾何学的な構成によって立体感を強調する。その代表的な建築家ヨゼフ·ホホルのネクラノヴァ集合住宅は、平坦なファサードをもたず、折り紙のように斜めの面を組み合わせ、窓のドをデザインした。これに呼応するかのように、1階の窓は四角ではなく、六角形になっており、扉も斜めの線から構成されている。ちなみに、この建物は坂道のある角地にたち、全体のヴォリュームが手前に強く迫り出す効果を生むチェコ·キュビスムは、名物のボヘミアン·ガラスを連想させるだろう。いずれも斜めにカットした面をもつからだ。

家の隙間からの換気は見込めないので

るタイプのマンションに住めば、このようなストレスは起きません。ご主人は気づかないかも知れませんが、奥様にとってはストレスです。キッチンにバルコニーが接していしかも、たまに経験することではなく、毎週1~2回はやらなければならないのです。もし、リビングからもバルコニーに出入りできる間取りならどうでしょうか。出入りできる窓が3ヶ所になるのです。

家族の事情があり

どれか1ヶ所くらいは、邪魔にならないでしょう。プランAのような間取りでは、出窓ではないほうが便利です。生活音問題がジワジワくる。上下階問題は収束へマンションの音トラブルと言えば、上下階をイメージするでしょう。上の階の足音がうるさいとか、逆に、下の階からクレームを受けるなどです。マンションのトラブルは、上下階の音問題とゴミ出しマナーの問題が大半です。

資産税と都市計画税を支払うことになり
施工会社に仕事を任せたいもの

建築物の不燃化や道路

家を作る上ではしかし、今では地盤調査が珍しくなくなり、「調査結果が良かった場合、購入してくれるというのであれば、どうぞ調査してください」と了解してくれることもあります。もちろん、すべての物件の事前調査が可能ということではありませんが、誠意をもって交渉してください。地盤改良には大きな費用がかかります。が、地盤調査だけなら5万-10万円ぐらいで済みます。あとあとの安全と安心のためにも、ぜひ、土地購入前の地盤調査を検討してみてください。

家を蘇らせつつ百年単位で

土地の歴史で地盤を推測する地盤調査だけなら5万円ほどだといっても、自分の興味のある土地をすべて調査するわけにもいきません。ましてや、まだ人の土地、勝手に調べることもできません。地盤調査をするのは、最後の最後、地盤さえ良ければ購入してもいいという段階で、土地の持ち主にお願いして調査の許可をもらってから実施するものです。しかし、最後のフタを開けてみるまで、地盤のことがまったくわからないわけではありません。その土地の歴史を市役所や図書館、インターネットなどで調べることで、ある程度推測がつきます。